地域の情報

新年のご挨拶

2024.01.12


 

新年明けましておめでとうございます。

2024年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

1日夕方、最大震度7を観測した石川県能登半島地震が発生しました。

被災された皆さまに心からのお見舞いを申し上げます。

 

日本は地震や台風、津波などの自然災害が多く、災害から身を守るため備えをしておくことはとても大切です。

1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災にちなみ、1960年に9月1日を「防災の日」とされました。

「防災の日」(9月1日)及びこの日を含む1週間(8月30日から9月5日まで)は「防災週間」とされています。

防災週間は、防災の知識を高めたり普及させたりすることが目的です。

 

今回の震災を目の当たりにし、今一度ご家族で話し合うことをされてはいかがでしょうか。

そして、9月には見直しをする機会にされてはどうでしょうか。

 

まずは、今住んでいる地域にどんな危険があるのかハザードマップで調べてみましょう。

避難場所の確認や家族同士の安否確認をどうするのかも確認しましょう。

また、避難場所での生活を想像してみましょう。

支援物資が届くまでの自助努力できること必要なものは何かを考え準備しましょう。

災害はいつ起こるかわかりません。

今こそ真剣に向き合い災害に備えていきましょう。

 

避難されている皆さまが一日も早く安心した生活が出来るよう心よりご祈念いたします。

高齢者虐待防止対応研修を開催しました

2023.12.20

11月16日、医療・介護サービス事業所向け「高齢者虐待防止対応研修」を開催しました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆高齢者虐待とは?

高齢者の「人としての尊厳を傷つける行為」です。

身体的虐待・心理的虐待・経済的虐待・性的虐待・放棄放任があります。

心身を傷つけられ気力を奪われ、自分に自信が持てなくなっていく。こういった状況に、誰かが一刻も早く気づき、支援機関につなぐことは、高齢者の尊厳を守る上で大変重要となります。

また、高齢者を現に養護している人が、自覚のないまま「尊厳を傷つける行為」を行っているケースもあります。日々の介護ストレスや長年の関係性などにより、養護をしている人も疲弊し、無意識のうちに虐待となっていることも多いです。

高齢者虐待に気づくことは、疲弊している養護者の存在にも気づくことに繋がります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

特に、高齢者の福祉に業務上携わる医療・介護サービス事業所等は、発見しやすい立場にあります。研修では、どのような工夫が早期発見につながるか、意見交換等を行いました。



(グループワークの様子)                                                                 (意見発表の様子)

 

「専門職として、日ごろの観察力が大切」「職員研修で知識を高めることが必要」「事業所間の連携があれば防げる虐待もあるかもしれない」など、前向きな意見が上がりました。

 

地域包括支援センターは、高齢者が長年築いてきた尊厳を守る活動も業務としています。これからも、地域の皆様と共に、高齢者虐待防止の取り組みを推進してまいります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆高齢者虐待かもしれないと気づいたら?

地域の皆さまからのご連絡が、早期発見・早期支援につながります。

高齢者が春日井市にお住いの場合は、担当の地域包括支援センターや春日井市へご相談・

通報ください。その他の地域にお住まいの方は、お住まいの市町村へご相談ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「わたしのハッピーエンディングノート」について

2023.11.10

人生100年時代。

仕事や趣味など、生活の中で重きをおいているものは人それぞれです。

生活を送るうえで、何気ない日常の会話から自身がどんな人生をおくりたいか、

日ごろの会話から自分の言葉で身の回りの方に伝えることは難しいです。

 

そこでエンディングノートはとにかく自由に書けます、決まった書き方はありません。

思うままに書くことができます。

書きたいところから書き始めてもかまいません。

途中で気持ちが変わったら書き換えることも自由です。

 

これまでの自分のことやこれからの人生を自分らしく歩むために、記入することで

整理することができます。

 

必要な方は、無料で差し上げますので、

地域包括支援センター高蔵寺℡0568-37-0780

までご連絡ください。

地域ケア会議を開催しました

2023.10.16

令和5年9月27日(水)に「(仮)家族介護者の集い」開催に向けた会議を行いました。



会議には、おれんじプラスカフェとして登録がある事業所・店舗の方々等に、ご参加いただきました。

 

ところで、「おれんじプラスカフェ」をご存知でしょうか?

すでに活用されている方もいらっしゃると思いますが、まだまだ存在を知らない人や、知っていても、何をするところかわからない人なども多くいるのではないかと思います。

 

かすがいおれんじプラスカフェは、認知症の人とその家族が、地域住民と一緒に安心して過ごせる、誰もが気軽に集うことが出来る憩いの場として、春日井市に登録している店舗のことをいいます。

 

近くに、誰もが気軽に集う場があれば、交流も活性化され、新しい情報も入手でき、ちょっとした困り事や相談もできるようになると思います。

 

今回の会議では、地域の皆様が住み慣れた地域で安心して過ごすことが出来るよう、おれんじプラスカフェをもっと活用いただくためにはどうすべきか、このことを今後も継続的に検討していくこととなりました。

【高蔵寺介護支えあいの集い】~どなたでもどうぞ~

と表題を変更し、活動の具体化にむけてさらに話し合いを重ねていきたいと思います。

 

皆さまからも、ご意見やご要望をお待ちしていますので、どうぞよろしくお願いします。

 

愛知県春日井市の春日井リハビリテーション病院・附属クリニック

〒480-0304 愛知県春日井市神屋町706

アクセス

Translate »