地域包括支援センター高蔵寺

春日井市地域包括支援センター高蔵寺

春日井市地域包括支援センター高蔵寺は、春日井市の委託により運営される高齢者の総合相談窓口で、市役所で行う高齢福祉の手続きなどをご自宅や、当センターで行ういわば出張窓口です。
担当地域にお住いの高齢者やご家族様、また遠方にお住いのご家族様からの在宅介護に関する相談や、日常生活での困りごとや心配事の相談に応じており、専門職(保健師または看護師、主任ケアマネージャー、社会福祉士)が対応します。

事業の内容

1介護や健康の相談

  • 介護保険の申請代行や案内
  • 介護予防のご案内
  • 事業対象者、要支援1や2の方のケアプラン作成
  • 地域のケアマネージャーについての相談
  • 終末期医療の相談

2高齢者の何でも相談

  • 心配事や困り事の相談
  • 相談内容に応じて必要なサービスや制度の紹介

3高齢者の権利を守る活動

  • 成年後見制度活用のサポート
  • 虐待防止への取り組み
  • 詐欺被害防止への取り組み

4高齢者が暮らしやすい地域づくり支援

  • 地域ケア会議の開催
  • 老人会やサロンへの出前講座
  • エンディングノートについて

ご利用案内

対象となる方
高蔵寺中学校区域にお住まいの高齢者やその家族・親族の方
担当地域の詳細は、こちら
連絡先
TEL:0568-37-0780
FAX:0568-37-0782
メールアドレス:houkatu.kouzouji@kreh.or.jp
営業日・時間
月~土(日曜日、祝日、年末年始12/30~1/3は休業です)
9:00~17:00(電話相談は24時間対応します)

春日井市地域包括支援センター高蔵寺 担当地域(高蔵寺中学校内)

高蔵寺町 全域
高蔵寺町北 全域
白山町 1~5丁目
高座台 1~4丁目
高座町 全域
大留町 9丁目、町名なし1番地~52番地、59番地2~61番地、74番地2~5、75番地~269番地
272番地~299番地、463番地、464番地、510番地、511番地、514番地、515番地、519番地、923番地、926番地、927番地、929番地
気噴町 全域
気噴町北 全域
庄名町 全域
出川町 1~5丁目、町名なし3006番地~
東神明町 町名なし1番地~479番地、481番地、482番地2~12、26~499番地、501番地~534番地3、534番地5~541番地、542番地2~4、542番地8~543番地1、543番地6以降の枝番、545番地~699番地、710番地18以降、字下新田、字西ノ平、字薬師前
不二町 全域
松本町 全域

よくある質問

Q

介護保険を利用するにはどうしたらいいのでしょうか?
A

地域包括支援センターにて、介護認定の申請代行ができます。ご自宅への訪問または来所にて対応いたしますので、まずはセンターまで、ご連絡ください。
Q

介護保険がよくわからないので、今後のためにどんなサービスが利用できるのか教えていただけますか?
A

説明だけでも対応します。もちろん費用は無料です。
Q

会社を退職したら、交流の機会が減ったので、地域の活動に参加したい。参加できますか?
A

地域の介護予防に取り組むサロンや活動を紹介します。
Q

近所から、怒鳴り声が聞こえるが、一緒に住んでいる高齢者が虐待にあっているのか心配。大丈夫ですか?
A

通報者の個人情報は固く守り秘密は厳守します。まずは通報をお願いします。
Q

最近、母親の物忘れがひどくなったようだが、どうすればいいのでしょうか?
A

症状や行動は、それぞれ違います。まずはご連絡ください。
Q

がんと診断されたので在宅医療について相談したいです。相談できますか?
A

主治医と相談しながら、適切な在宅医療サービスについてご案内します。

最新情報

春日井市地域包括支援センター高蔵寺からのお知らせ・ブログ
  • 地域包括支援センター高蔵寺たより(2023年度vol.2)

    地域包括支援センター高蔵寺たより(2023年度vol.2)を発行しました。

     

    下のリンクからダウンロードできます。ぜひお読みください。

      地域包括支援センター高蔵寺たより(2023年度vol.2)

  • 新年のご挨拶

      新年明けましておめでとうございます。 2024年もどうぞよろしくお願いいたします。       1日夕方、最大震度7を観測した石川県能登半島地震が発生しました。 被災された皆さまに心からのお見舞いを申し上げます。   日本は地震や台風、津波などの自然災害が多く、災害から身を守るため備えをしておくことはとても大切です。 1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災にちなみ、1960年に9月1日を「防災の日」とされました。 「防災の日」(9月1日)及びこの日を含む1週間(8月30日から9月5日まで)は「防災週間」とされています。 防災週間は、防災の知識を高めたり普及させたりすることが目的です。   今回の震災を目の当たりにし、今一度ご家族で話し合うことをされてはいかがでしょうか。 そして、9月には見直しをする機会にされてはどうでしょうか。   まずは、今住んでいる地域にどんな危険があるのかハザードマップで調べてみましょう。 避難場所の確認や家族同士の安否確認をどうするのかも確認しましょう。 また、避難場所での生活を想像してみましょう。 支援物資が届くまでの自助努力できること必要なものは何かを考え準備しましょう。 災害はいつ起こるかわかりません。 今こそ真剣に向き合い災害に備えていきましょう。   避難されている皆さまが一日も早く安心した生活が出来るよう心よりご祈念いたします。

  • 高齢者虐待防止対応研修を開催しました

    11月16日、医療・介護サービス事業所向け「高齢者虐待防止対応研修」を開催しました。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ◆高齢者虐待とは? 高齢者の「人としての尊厳を傷つける行為」です。 身体的虐待・心理的虐待・経済的虐待・性的虐待・放棄放任があります。 心身を傷つけられ気力を奪われ、自分に自信が持てなくなっていく。こういった状況に、誰かが一刻も早く気づき、支援機関につなぐことは、高齢者の尊厳を守る上で大変重要となります。 また、高齢者を現に養護している人が、自覚のないまま「尊厳を傷つける行為」を行っているケースもあります。日々の介護ストレスや長年の関係性などにより、養護をしている人も疲弊し、無意識のうちに虐待となっていることも多いです。 高齢者虐待に気づくことは、疲弊している養護者の存在にも気づくことに繋がります。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 特に、高齢者の福祉に業務上携わる医療・介護サービス事業所等は、発見しやすい立場にあります。研修では、どのような工夫が早期発見につながるか、意見交換等を行いました。 (グループワークの様子)                                                                 (意見発表の様子)   「専門職として、日ごろの観察力が大切」「職員研修で知識を高めることが必要」「事業所間の連携があれば防げる虐待もあるかもしれない」など、前向きな意見が上がりました。   地域包括支援センターは、高齢者が長年築いてきた尊厳を守る活動も業務としています。これからも、地域の皆様と共に、高齢者虐待防止の取り組みを推進してまいります。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ◆高齢者虐待かもしれないと気づいたら? 地域の皆さまからのご連絡が、早期発見・早期支援につながります。 高齢者が春日井市にお住いの場合は、担当の地域包括支援センターや春日井市へご相談・ 通報ください。その他の地域にお住まいの方は、お住まいの市町村へご相談ください。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

地図・アクセス

〒487-0025 春日井市出川町2-8-10

愛知県春日井市の春日井リハビリテーション病院・附属クリニック

〒480-0304 愛知県春日井市神屋町706

アクセス

Translate »